悪質業者に騙されない!パナソニック(panasonic)製エコキュートでエラーコードF46が発生した時の症状・内容・原因・対処・修理費用の全て

本記事はパナソニック製エコキュートでエラーコードF46が発生し、何をどうすれば良いのか悩む消費者目線で執筆した記事となります。

エコキュートの修理・販売業者には過剰ともいえる価格設定で請求をしてくる業者も少なくありません。正確な原因と対処方法、そして平均的な費用相場を把握することは、悪質な業者から自分で自分の身を守る一つの武器となります。

どのサイトよりも分かり易く・シンプルに情報を纏めているのでご参考いただけますと幸いです。

パナソニック製エコキュートで発生するエラーコードF46のスベテ

エラーコードF46の症状は?

以下のような症状が見受けられます。

  • CT異常。

エラーコードF46が表示された原因は?

エラーコードF46には以下の原因が考えられます。

  • 圧縮機の回転数が上昇してもCT入力が少ない。

エラーコードF46の対処方法は?

  1. CT1の抵抗値2kΩ以上ではプリント基板の点検、交換。
  2. CT1の抵抗値2kΩ未満では冷媒漏れ。

エラーコードF46は修理が必要な症状です。どうにか修理費という出費を抑えたいのは理解できますが、専門業者でないと修理は難しく、電気配線や高温の箇所もある為、安易に触るのは危険です。

パナソニック製エコキュートのエラーコードF46の修理費用は?

結論、パナソニック製エコキュートのエラーコードF46は修理が必要なエラーの為、修理専門の業者に連絡をしましょう。

修理ご相談窓口(パナソニックLSテクノサービス株式会社)

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする